総量規制外のローンで主婦が問題になるケース

総量規制外のローンであれば年収の3分の1までという借り入れの制限はありませんが、主婦が利用する際に問題になるケースもあります。まず、総量規制外のローンと言っても、返済が見込めない相手にはお金を貸そうとはしません。そのため、契約者本人に安定した収入を求めることが多く、全く収入がない場合は利用できる銀行は限られます。
収入がない場合、配偶者に収入があり、同意を得られた場合に利用を認めている銀行が候補になります。この場合、同意が必要となるため、夫に内緒で借りることはできません。また、同意が得られなくても利用できません。夫に内緒で借りたい場合には、契約者の身分証明だけで借りられる銀行もあるので、これを利用します。
総量規制外のローンで主婦が問題になる点として、他には限度額の低さがあります。契約者に収入がある場合でも、配偶者の収入で借りる場合でも、返済能力は高くないものとされます。そのため限度額は30万や50万円までとなり、高額の借り入れはできません。
前述の配偶者の収入で借り入れを行う場合、夫の信用情報が審査に影響します。契約者本人には借り入れなどはなく、過去に金融事故を起こした経験がなくても、夫に多額の借り入れがあったり、金融事故を起こしていれば信用されないため、審査に通りません。また、この方法で借り入れを行い、返済できなくなった場合、契約者だけでなく夫の信用情報にも傷が付く場合があるため、借り過ぎないように注意しなければなりません。