銀行カードローンのメリットデメリット

金融機関でお金を手軽に借りる方法として便利なのがソニー銀行カードローンです。今では即日融資に対応しているカードローンもたくさんあり、申し込みから数時間でお金を借りることも可能となっています。カードローンには消費者金融や信販会社などのカードローンの他、銀行が融資をしている銀行カードローンもありますが、銀行カードローンのメリットとデメリットはどのようなものなのでしょうか。

まず銀行カードローンのメリットはなんといっても金利の低さと限度額の高さです。現在は貸金業法の改正により法的に上限金利が引き下げられたため、消費者金融の金利もそこまで高くなくなったので金利差はそれほど大きなものではありませんが、消費者金融の上限金利はほとんどのところで18%、対して銀行カードローンの上限金利は各行差はありますが15%程度ですからまだまだ金利差はあるという状況です。

限度額も消費者金融が300万円や500万円程度なのに対し、銀行カードローンは500万円や800万円、多いところでは1,000万円と高額な融資も可能となっています。また総量規制の関係もありますから、消費者金融ではどんなに借りたくても個人の年収の3分の1以上は借りることができません。銀行カードローンは総量規制の影響を受けませんので年収の3分の1以上の借入れであっても法的な制限なく借入れ可能となっています。

またなんといっても銀行カードローンには銀行が融資をしているという安心感・信頼感があります。同じカードローンという金融商品であっても、消費者金融には抵抗があるが、銀行カードローンなら安心して借りられると感じる方が多いようです。

デメリットはやはり審査です。銀行カードローンは低金利なぶん審査が厳しくなり審査時間もかかる傾向があります。大手消費者金融では最短審査30分というところがほとんどですが、銀行カードローンの場合、即日融資可能としているところでも審査に2~3営業日かかるところが多いようです。

しかし審査基準や審査のやり方というのは各会社それぞれで違いがあるため、すべての銀行カードローンにこれが当てはまるというわけではありません。なかには審査も比較的柔軟なところ、審査スピードが早いところも存在しています。逆に言えば、そうした銀行カードローンはデメリットといえるデメリットがない大変魅力的なカードローンとも言えるでしょう。